競馬ニュース

2008年05月04日

天皇賞・春の予想

今年の天皇賞はかなり濃いメンバーが揃いましたね。

勢いのある上がり馬と実績のある古馬が揃っているので予想はかなり難解です。

まさにどれが勝ってもおかしくない状態。

私はアサクサキングスを本命にするつもりだったのですが、1番人気なので止めました(笑)。

で、代わりに本命にしたのがアイポッパー。

去年このレース1番人気で出遅れてしまい差の無い4着。

今年は長期休み明けの京都記念こそ大敗しましたが、2戦目の前走・阪神大賞典はきっちり2着。

叩き3戦目で今が走り頃でしょう。

距離の不安は全く無いので早め先頭で押し切れるのではないかと思っています。

対抗は、去年このレース差のない3着だったトウカイトリック。

決め手に欠ける部分はありますが、長距離での安定感に加え調教でも絶好調の動きを見せていました。

一発あると思っています。

3番手はポップロック。

切れる脚が無い代わりに、どんな相手でも確実に掲示板には入ってくる安定感を買いました。

初コンビを組む内田博幸の騎乗にも注目しています。

4番手にはアドマイヤフジ。

4頭出しのアドマイヤ軍団の一頭です。

まあ、ハッキリ言って近藤オーナーもこの馬には期待していないでしょう(苦笑)

私もあまり期待はしていないのですが(笑)、一発切れる馬がいるとしたらどれかなと探していてこの馬を見つけました。

気まぐれな面があったり距離適正が未知数であったりと不安要素も多いのですが、ダメもとで一発狙ってみます。

5番手は逃げ馬のホクトスルタン。

京都の長距離コースで無類の強さを誇る横典にも期待しています。

以外に人気があるのでノーマークの逃げが打てるかどうかは微妙ですが、そこは横典の腕を信じましょう。


◎アイポッパー
○トウカイトリック
▲ポップロック
△アドマイヤフジ
×ホクトスルタン


結局、当初本命にする予定だったアサクサキングスは完全に外しました。来たら諦めますm(_ _)m

【サラブレジャパン】
posted by 幻灯斎 at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/95571623
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。